ホットタブで「温活365」冷え性改善 徹底検証!

ホットタブの気になる成分は

無水クエン酸
炭酸水素ナトリウム
炭酸ナトリウム
PEG6000
アルカンスルホン酸ナトリウム

などの成分からできています。

 

PEG6000は、あまり聞きなれない成分ですが、ポリエチレングリコールのことです。錠剤の成形上必要な微量成分で体への安全性はとても高いものです。
市販されている多くの入浴剤にも使われてますので、安心して入浴できます。

 

多くの入浴剤は「目に入ったら、よく洗うように」と注意書きがありますが、ホットタブは高級食品グレードの重曹とクエン酸を主成分に安全なPEG6000とカプリリルスルホン酸Naで構成されているので、目に入っても問題ありません。

 

さらに合成着色成分も使用はしていません。

 

特に幼児や赤ちゃんや妊娠中の方、肌の弱い方なども安心して入浴できます。

 

▼ホットタブの詳しい情報はこちらから▼