血行を良くするマッサージや食べ物とホットタブの相乗効果で冷え性と対決!

血行を良くするマッサージや運動とホットタブ重炭酸湯の相乗効果で冷え性と対決!

重炭酸が末端の血管を広げて血行を改善してくれるホットタブですが、さらに効果的なのは、マッサージや運動によって血行を良くしてダブル効果で冷え性と対抗することです。
特に注目すべきは、心臓の下で最も離れた場所にあるため、心臓に血液を運ぶ役目を担っているフクラハギです。そのため血管内にいくつもの便があり第2の心臓と言われています。そのフクラハギを効果的な運動やマッサージすることで、体中の血行が良くなり毛細血管まで血が行きわたりやすくなると言われています。

 

歩きましょう

一番簡単にできるのが、歩く事です。いつもより一駅手前で降りて歩くとか、階段を積極的に使うとかでフクラハギ周りの筋肉を鍛えて引き締めましょう。同時に血行も促進されますよ。歩いて汗をかいたら当然ホットタブ重炭酸湯のお風呂に入ってくださいね!

 

フクラハギをマッサージをしよう

イメージとしては血液を心臓に戻すようにです。両手で足首を覆うようにつかんで、ある程度力を入れながらくるぶしぐらいからから膝に向かって血液を上へ押し流すようにマッサージをしましょう。滞っていた血液が循環し、むくみや疲労解消、足のだるさなどが改善されます。ふくらはぎは疲労しやすい場所のため、できれば毎日、ホットタブ重炭酸湯で身体が温まっているお風呂あがりに行うとより効果的です。

 

ツボを押してみましょう

冷えのツボと言えば「三陰交」です。消化吸収・水分代謝・生理機に関わる三つの経絡が交わるポイントです。経絡とは「気・血」が流れる通路で全身にはりめぐらされています。三陰交の場所は、内側のくるぶしのいちばん高いところに小指を置いて、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところです。三陰交を見つけたら優しく指圧するか、お灸をしましょう。三陰交冷は、えの特効ツボと言われています。

薬用ホットタブ重炭酸湯の温活にプラスして、体を温める物を食べましょう!


薬用ホットタブ重炭酸湯の温活の習慣に体の温まる食事をプラスして効果を高めましょう!

 

古来より体を温める食材は、にんにく、キノコ、ゴボウ、ダイコン、山芋、えんどう豆、にんじん、わかめ、玄米、酢、大豆などが挙げられます。また、加熱したりお漬物にすることで効果はさらに上がるとされています。
また、スイカやマンゴー、パイナップル、リンゴなどのフルーツやレタス、ホウレンソウ、タケノコは体温を下げますので、控えめにした方が良さそうです。
体の内からも体質改善して、冷え性とさよならしましょう。